Ori@生活と旅

マイペース旅が好きです。日常生活と旅の事、お役に立てますように。

LINEペイとLINEカード。登録方法から使い方まで。便利に使ってちょびっとキャッシュバック!

こんばんは、Oriです。

f:id:c-pinkdiamond:20190811114438p:plain

LINEペイを利用できる店では利用していたんですが、

LINEカードってどう使い分けるのかわからないけど

無料だし作ってみようというあいまいな理由で作ったのですが、

ようやくカードを作る意味がわかったのでお伝えします(笑)

 

 

【LINEペイとは?】

LINEペイは、その名の通り、LINEが提供しています。

スマホで支払いができるサービスです。

クレジットカードと違って、持っているお金をチャージして利用できます。

 

f:id:c-pinkdiamond:20190811142806p:plain

 

使える店舗が結構増えてきています。

まずはコンビニ大手のファミマ、セブン、ローソンやミニストップなどはもれなく使えます。

他にも東急ハンズや31アイスクリーム、リンガーハットなど有名どころのお店も使えます。

 

リンク:LINEペイが使えるお店

※Line公式サイト

 

【LINEペイと銀行の連携】


スマホにどうやってお金を入れるの???と聞かれるのですが、LINEペイを利用する時に、

自分が使っている銀行と連携させる設定をします。

 

私はメインの口座は登録しているので、今回は「イオン銀行」を登録をしてみたいと思います。

 

銀行を選択します。

f:id:c-pinkdiamond:20190811160644j:image

 ↑まずは大手銀行が出てくるんですが、下の方にスクロールすると各地方銀行も沢山出てきますので大丈夫!

 

この中にあるイオン銀行を選択します。

 

注意事項が出てくるのでokを押します。

f:id:c-pinkdiamond:20190811160836p:image

 

銀行口座の登録をします。

f:id:c-pinkdiamond:20190811160955p:image

氏名、生年月日、支店名、口座番号、預金種目(普通とか)、職業(会社員とか)、LINEペイ利用の目的(個人利用とかビジネス利用とか)、自分の住所を入れます。

そして次へを選択します。

 

※1度登録すると次回は同じものが薄い字で入力されているので確認しましょう。

 

すると利用規定が出てきます。

利用規約を開いて読まないと、「同意する」というボタンは押せません。

 

f:id:c-pinkdiamond:20190811163427p:image

次にその銀行の口座支店名を選びます。

f:id:c-pinkdiamond:20190811164418p:image

口座を選んだら口座番号を登録します。

その次に同じような画面が出てくるので一瞬ひるみますが、次は口座番号じゃなくてキャッシュカードの暗証番号を登録します。

(大体4桁?)

 

最終確認をして口座振替申し込みボタンを押します。

 

こうして連携が無事に終わると利用できます。

 

銀行に行かずしてチャージができるようになり買い物をした時にその金額だけをチャージすればいいので手持ちがなくてもいいですね★

   

これにて連携完了です!

 

【LINEカードとは?】

そして、最近意味も分からずLINEカードを作ってみました。

 

 ↓こんな感じのカワイイカードです。 

f:id:c-pinkdiamond:20190811191106p:plain

LINEペイカードは、スマホにあるラインペイをカード化したものです。

 

これは、スマホのLINE PAYとつながっているカードです。

利点はラインペイ(スマホ決算)に対応していないお店でも、JCBカード決済ができるならこのカードで払う事ができます。

 

このカードは、「JCBプリペイドカード」という位置づけです。

プリペイドカードという事で私のイメージでは「繰り返し使えるテレカ」みたいな?(笑)

 

テレカ…って今の人はわからないかもですが…。

クレジットカードは決まった金額範囲内で現金がなくてもお買い物ができて、一定期間後に一括や分割などで払う事ができますがその分手数料とか金利がついて多く支払う事になります。

 

プリペイドの場合、そこにチャージした分しか使えないので使いすぎを心配する人にはオススメです。

 

使う時はカードの1括払い扱いと同じになり、即座に引き落としがされる感じです。

 

そしてJCBのカードなので、一括のみですが、JCBカードが使えるところではどこでも使えます。

 

という事は、LINEペイ(スマホ決済)ができないお店でもこのカードを使えば決済可能という事です。

 

そして、このLINEペイとLINEペイカードは連携しているので、LINEペイカードで払うと同時にスマホのラインペイの残高が減るので

残高もすぐわかるし安心です。

 

【2つの使い分け方法】

LINE PAYとLINE PAYカードの使いわけは、今まで書いてきた通り

①LINE PAY対応店はスマホをかざすだけで決済可能

②LINE PAY対応していないけどJCBが利用できるところはLINE PAYカードという感じです。

 

<<ちょっと気を付けて★>>

JCBが使えるのにもかかわらずたまに使えない店があります(笑)

私も2度カードがエラーです~となりました。。。

これって焦るからやめてほしいですよね。

なので別のクレジットカードか現金も最低限は持っているようにしています。

これしか使わないんだ!!!という状況はまだ作らない方がいいと思っています。

 

【ちょっと気になっている事】

LINEのホームページを見ると、セキュリティは安全!と書いてあるんですが、LINEは手軽に使える分気になることもあります。

 

・保障は10万円まで

不正使用などがあったとき、10万円まで保証してくれるそうです。

LINE PAYはずっと話している通り、あくまでもチャージをして

使うものなので、不正に使われていたら残高が減ると

思うのですが、入れている額までしか不正できませんね。

 

私は使う額が決まったら都度チャージすることが多いのであまり残高がありません(笑)

 

ちなみに今現在、残高80円です・・・(涙)

 

不正利用をされないための準備は必要なので私はパスワードロックは指紋認証にしています。

 

あと、チャージする時は残高が足りなくなったら…という事で

オートチャージを選ぶ人もいますが、私は都度派なので利用しないようにしています。

 

・ICチップ非搭載

ICチップが搭載されていない分セキュリティがちょっと甘くなるなぁと思っているのと、それが搭載されてないと使えないお店もあるとの事なのでもう少し本人確認が厳しくなってもIC搭載をしてくれたらいいなと思っています。

  

【LINE PAYを利用してみた感想】

今現在、とても便利だと思っています。

 

気に入っている点は、カード決済と違っていくら使ったかわからなくなることがない事。

 

※カード決済は利用した後タイムラグがあって、利用状況がわかったりします。もちろん、家計簿を付けているんですが、訳が分からなくなるんで・・・。

あまり好きではないんです・・・。

 

スマホ画面で残高が確認できるので現金で払っている感覚と同じように使える点が気に入っています。

 

なので、この方法は結構気に入っています。

LINEポイントも少しずつですが貯まります♪

 

使ってすぐチャージした分から引き落とされるので、家計簿にも当日の利用で記載できて満足しています。

 

LINEペイを利用している人同士なら割り勘をした時に現金を持ち合わせていなくてもLINEペイで送金も可能です。

 

私の場合、息子のスマホ代をクレジットで払っているのですが、息子は銀行にお金をおろしに行くのが面倒臭いらしくLINE PAYで送金してきます。

 

チャージもスマホからできるので銀行に行かなくてもいいという利便性があります。

 

というわけで、今回はLINE PAYとそのカードについてでした。

現金派な方もプリペイド方式なら比較的身近になるんじゃないでしょうか?すこーーーしずつですが、ポイントが貯まるし、LINE PAY独自のコンビニクーポンがあったりするのでランチにコンビニでお弁当を買う人はちょっとお得な事もあります。

 

是非、うまく利用してみてくださいね★

 

でわでわ!